• TOP
  • ご挨拶
  • プロフィール
  • お客様の声
  • 料金のご案内
  • お問い合わせ
  • ブログ
  • メニュー一覧

魂の源から解消

魂の源から解消

即應翠蓮

即應翠蓮

全ての人にはチャクラといって「七つの生命の重要ポイント」が身体に組み込まれています。天眼の開花方法として千里眼となる霊能力・霊視・透視など天眼の基礎となる第三の眼と百会(ひゃくえ)がとても大切です。

第三の眼とは眉間のやや上あたりに位置しますが、この部分は第六チャク ラと言われる場所でもあり肉眼では視覚できないビジョンや透視・幻視・予知・千里眼・スピリチュアルな能力を用いる全ての天眼霊視には重要なポイントになります。百会(ひゃくえ)とは頭のてっぺんに位置しますが百会の「百」は多種、多様の意、「会」は交わるという意です。百会は天からのエネルギーを頂き元気を維持する大切な軸になるため日常の生活では頭の上はできるだけすっきりした環境で生活することがおすすめです。例えば天井の梁の下で毎日の睡眠を続けると思考回路も乱れ体調不良になりやすいため場所を移動するなど少しの工夫で能力を維持することができます。視点・観点のレベルアップを心がけている人は額をすっきりさせていることが第三の目で物事を丁寧に捉えることが出来ます。これらは第三の目と百会が「天眼の源」になります。特殊な能力で物事を霊視するというのはとても疲れることですが、意識を集中して霊視をした後は第三の眼は法輪のような大きな輪とくぼみができます。そして丸く光ります。

チャクラとオーラの関係は頭の中央部から順に下に向けて、

<第七チャクラ>天からのエネルギーや波動を受け取る頭上のチャクラ

<第六チャクラ>霊視をおこなう第3の眼・霊性の波調をキャッチする額のチャクラ

<第五チャクラ>音魂や言霊の響き・話す・表現する喉のチャクラ

<第四チャクラ>愛情や感情・慈愛の心臓のチャクラ

<第三チャクラ>知性や理性・現実創造の脾臓チャクラ

<第二チャクラ>対人関係や感受性・心身調和・原動力源泉の丹田のチャクラ

<第一チャクラ>基本的原動力・勇気・実行・生命活性エネルギーを所有する尾骨チャクラ

これら七つのチャクラのうち、天からのエネルギーは頭上のチャクラから体に入り、大地からのエネルギーは尾骨チャクラから私たちの体に入ってきます。
そして氣の経路に沿って上から下へ、下から上へと体の中をエネルギーが流れます。

チャクラとは霊性または霊的な心の構造でいう宇宙エネルギーを体に蓄える充電器であり、エネルギーを送り出す発動機です。
それぞれのチャクラが得たエネルギーが個々の周波数と合致し生命を支えるエネルギーに変換します。

たとえば異性に恋をし好きになったと考えて下さい。
この場合は愛情ポイントの第四チャクラが活発に音を立ててドクドクと動きだします。

そして氣の経路と繋がっている(心経・心包経・三焦経など)が意識に波動を流します。
これに関連した何百億という細胞が活発に活動します。恋をするとキラキラと輝いたオーラを放ったりします。
そしてホルモンバランスが整い老若男女、活力が漲ることは皆さんも感じていることではないでしょうか。

想いとは波動であり男性の場合、反時計まわりに想いの波動が動き、
女性の場合は時計まわりに波動が動きます。チャクラはそれぞれの独自の色を放つ時、光の車輪のように回転するエネルギーの渦巻きに似ています。

高速・低速その部位と意識により異なりますがこの光の車輪が外に現れたのがご自身のオーラです。チャクラの放つ光は合成されオーラになり光エネルギーの放射により輝きがでます。

チャクラポイントで大切なことは私達の体は地球の上に立っていますから、宇宙から入ってくるエネルギー(第七チャクラ)と、地球から入ってくるエネルギー(第一チャクラ)の二つを受けています。

二つが一致して一体となり人間として生を受けています。天と地の力が上下して体内にエネルギーが入ってきます。天の力が入った時に私たちは息を吐きます。
地の力が入った時は息を吸います。日常の生活で思い当たることはありませんか?

例えば女性は出産のとき息を吸うより吐くことをします。そして無事お子さんが生まれます。
ダンベルなど重たいものを持ち上げる時、呼吸は吐きながら上へ押し上げそして吸いながら下に戻します。

広大な自然界の大地に立った時、私たちはおもいっきり深呼吸をしますね。そして吸った息は必ず吐きます。

このように日々あたり前のように宇宙と地の恩恵を頂き私たちは暮らしているのですがチャクラを知って健康招福・霊性解決・心身一如を体感できます。

当サロンでは上海中医薬大学付属日本校で東洋の伝統医学の観点を学び、医学気功師の資格も取得しております。

当サロンでは医食同源の観点から伝統食と食育・美・健康に役立つマクロビオティック資格を取得しております。 当サロンのヒーリング施術をご希望の方は対面鑑定をご依頼後の受付となります。


チャクラとオーラの関係

チャクラとオーラの関係

チャクラエネルギーの相関関係を知ることは心身の健康に直接関係してきますがこのエネルギーの表出を阻害した場合心身のバランスを崩して精神も病んでしまいます。

例えば第六チャクラが敏感なタイプの人が自宅の窓や職場の窓から見える景色が高層階の建物に圧迫され空を見上げるように暮らし、目の前には高速道路もあるとします。いつもその景色を目の当たりにして過ごしていますと氣の経路が乱れ頭痛や精神的不安などマイナスエネルギーが働いてしまいます。この事柄について思い当たる方はたくさんいらっしゃるはずです。

意識をすることはチャクラの扉が開いているということです。本人は無意識であっても開いた扉に情報が集中すると自分では消化しきれずその乱れから冷静になろう・知性を保とうとして第三チャクラが動きます。

第三チャクラは現実創造と脾臓のエネルギーの発信場所ですから悩めるあなたを氣のエネルギーは瞬時に天と地を巡回させ高速回転で動きます。
あなたが椅子などに座る姿勢で自然に足が左右に大きく広がってしまう・腰から下に力が入らないなどの症状の時は脱力感や不安、恐れがあなたの意識を支配していることが多く第一チャクラのエネルギー補給が必要になります。

チャクラとは体の中心線に縦に並ぶエネルギーのセンターポイントでありチャクラに歪みがあったり霊視で腫れて視える、黒く視える、白くモヤがかかって視えるなどの症状はそのポイント部分の不健康を指しています。
そして氣の経路に沿って辿っていくと不健康箇所の回復に役立つことができます。

オーラとは人の場合、肉体の表面を覆う生命エネルギーの発光体ですからチャクラポイントが疲れているとオーラの色もくすんでしまいます。オーラ発光体は身近なもので表現すると仏像の光背や仏画の黄金の輪の色、キリストの絵画に見られる後光などはすべてオーラを表しており力強い精神エネルギーの聖者達の頭上と身体の上部に集まるエネルギーの色を黄金の輪で描写されているのが特徴です。自分のオーラの特徴を知ることでマイナスをプラスに転じることができ少しの工夫で開運に役立てることができます。

当サロンの霊視鑑定のご依頼は対面鑑定または写真画像鑑定をお申し込み下さい。
当サロンのヒーリング施術をご希望の方は対面鑑定をご依頼後の受付となります。

魂の源から解消

side_banner02_1.gif

あなたを幸せに導くブログ尼照らす