• TOP
  • ご挨拶
  • プロフィール
  • お客様の声
  • 料金のご案内
  • お問い合わせ
  • ブログ
  • メニュー一覧

除霊・お祓い・祈祷のご案内

除霊・浄霊

除霊・お祓い・祈祷のご案内

除霊・お祓い・祈祷のご案内

各項目のご案内は最下部にございますのでご覧ください。
即應翠蓮観音堂では憑依・霊障・不運を改善する方法として古来より伝わる『仏式除霊法』にて仏教祈祷秘伝法、方災除秘伝法、線香護摩祈祷法、を取り入れた「即應翠蓮式除霊法」により、「懺悔、先祖供養、守護運向上封印、仏道成就祈祷、災消除霊句、大般若転読祈祷、大悲呪、威嚇、挑発、霊体解放成仏術、観音浄化法、線香護摩祈祷」を用いて『仏道成就の祈り、災い消除霊句、守護観音、苦を離し解脱への導き、諭し・癒し・満願成就』これらを意味とするお経を用い執り行います。除霊では『懺悔・ご先祖様供養・守護運向上・除霊・浄霊・大般若転読祈祷・線香護摩祈祷』で執り行います。仏式の除霊法を儀式では行っており人物を御仏に守護して頂き霊を祓い浄めます。この場合、御仏から守護として人物に護りを入れ霊魂を鎮めていきます。 除霊に於いて霊障や心霊現象・不可思議な現象等の状況を霊視・透視したのち除霊の儀式を行います。憑依体質や霊感体質など、人に関する霊障問題についても原因究明をするとともに霊魂が執着する目的を読み取り、苦しみの根源を祓い問題解決へと繋げます。心身に異変や行動に不安を感じたら霊障を鋭く見抜く即應翠蓮にお任せください。除霊が必要とされるのは、霊体の魂だけがこの世を彷徨い執着し「現世を生きる皆様を拠り所」としているからです。「拠り所」にされてしまうと災い現象が多発します。除霊とは、人物・親族・対象者・土地・家屋・屋敷・社屋等に憑りつき、不成仏霊の悪行が重なり、身に降りかかっている苦悩と困難、霊障を引き起こしている「諸悪の根源」の霊魂を祓い成仏させることです。当方では霊障問題を現実から過去に遡り霊視鑑定を行い、状況・背景・過去の状態を読み取っていきます。そして霊魂からの伝達を受け止め、御仏と対話をし、霊魂が執着している「因縁の業」や「残留思念」を引き出し霊魂を諭し、本来の進むべき道へと導きます。中には諭されることを嫌い憑依した人物の肉体を使いもがき苦しむ霊魂もおります。また、憑依した人物を通してようやく気付いてくれたと涙を流し感謝をする霊魂や、満願成就の時を迎えたと微笑む霊魂もおります。 当方では霊障問題を改善する方法として、祈祷秘伝法、方災除秘伝法、線香護摩祈祷法、を取り入れ、払子(ほっす)という厄苦を祓い、魔を祓う法具を持ち磬子や木魚、五鈷鈴や五鈷杵・錫杖等の法具を使い読経し儀式を始めて行きます。一つ一つに意味の有る儀式・お経・秘術は僧侶として仏道修行で得たものであり、仏式除霊法をお受けできます。安心して魂の浄化までお付き合いください除霊の場合『大般若除霊』と『大般若祈祷法』は宗門僧籍を持つ複数の僧侶で執り行います。 土地・井戸・家屋敷の除霊の場合は霊視・透視後、四つ角に九字結界を張り印を切り霊体を封じ一連の除霊手順を執り行います。線香護摩祈祷・除霊・大般若転読祈祷・その後お清め浄霊を致します。この場合は何代にも渡りその場に執着している霊体はそれぞれに言い分があり元々は霊達の城に勝手に荒らして家を建てあぐらをかく現世の住人に怒りをぶつけてくることもございます。また、人物に憑依した悪霊の場合、早急に対処法を用いり除霊を執り行います。 一つ一つに意味の有る除霊儀式は即應翠蓮が尼僧として仏道修行で学び得たものであり、正真正銘の除霊儀式をお受けできます。安心して魂の浄化までお付き合いください。

正しい除霊・浄霊が必要です

正しい除霊・浄霊が必要です

霊に憑りつかれたときの特徴

大きく分けて三つのタイプがございます。
霊媒タイプ:憑依体質は霊的な影響を過度に受けてしまい身体が重たく感じ気力・体力・思考能力など欠乏してしまいます。霊が見える・霊を感じるなど霊感により霊魂を自ら引き寄せてしまい、霊との共存共栄をしてしまうこともあり情緒の不安や気の乱れ原因不明の病に悩むことも多くなります。


依存タイプ:執着体質は自ら発するエネルギーで生霊を出したり霊魂に魅入られるなどがございます。否定されることを最も嫌うため彷徨い浮遊する霊と相関関係になることも多く、同類の価値観を持つ人に依存や執着をする傾向がござます。人に依存や執着をすることで生前の業欲の強さや成し遂げたい行為を達成させようとする我れ利益(我利我利)の亡者となり天界への諭しや導きにも応じたくないとする強固な霊です。それらは霊魂が見つけた「似た者同士」として執着され、された人も依存や執着心の強いタイプが多く、自ら霊を解き放つには依存症や執着心を改善していくことが道の一つです。

混迷タイプ:激高体質は霊魂の支配下にあり日常生活に於いて言動・行動・食の好みまで影響されます。表と裏・前と後ろがあるように、霊魂が前で人格が後ろに位置してしまうなど、昼夜が逆転の生活スタイルや陽気だった人が陰に籠ってしまい他人の意見を聞き入れなくなるなど人格に影響を及ぼします。これらの特徴が悪化すると私生活の物事に手順・順序が狂いだし万事が悪い方へと流れ、諸悪の迷路に引き込まれてしまいます。「心身の不調」「対人トラブル」「土地屋敷の異変」「ビジネスの不調」「災難事故」「家族不和」などの災いが起こり易くなります。これらの霊的な現象を「霊障」といい、除霊が必要となった場合、当方は霊魂が執着する目的を解明し、霊魂と波動を合わせ絶妙な加減で霊と向き合い威嚇・挑発・諭しを施し除霊を行うこともございます。霊障や憑依現象は本人が自覚できていないことも多く、家族の協力が必要な場合もあります。


憑依や霊障を見抜く霊視とポイント

容姿の整った人が急に風貌が変わってしまったり、急激な体調変化による目つき・顔つき・声質が鋭くなったり、腰が落ちたような元気のない歩き方やひざが落ちたように項垂れて歩くなど、腰から下に力が入らなくなり感情の起伏が激しくなるなど本人の身体的特徴や人格を変えてしまうものもあります。また特定の場所や物に依存したり同じ動作を繰り返したりと多様です。相談者の例として、武士の魂に憑依され態度と言葉遣いが武将になった青年もいました。生前の無念がもとで成仏できず絞り出すような声で苦痛を訴える霊もおりました。嫁いですぐ病気のため隔離され冷遇を受けたことで供養を求めて憑依をした女性の霊もおりました。除霊案件の中の一部ですが、このように霊体の背景を霊視で読み取ることも除霊のポイントになります。

霊魂の執着と因果関係

「拠り所を求める憑依」以外に先祖霊の因果関係により貴方が憑依されてしまい、とてつもない恨みや執着によって起こる因縁・因果を持つ霊魂があります。怒りや、恨みを晴らすことの出来なかったままこの世を去った者が「未成仏霊」や「怨霊」となり、時代を越え現世の親族や関係者などに降り掛かります。また蛇や狐の動物霊の憑依や動物霊に化けた霊魂など、人物に執着し取り憑く場合がございます。その他にも「浮遊霊による憑依」「地縛霊による憑依」「色情霊による憑依」などがあります。色情霊とは個人を好み執着するため、好まれた方は微睡みの時間帯に金縛りに遭い易く、個人の思考を妨げ無防備な状態で霊に魅入られてしまいます。突発的に別人格になったかのような衝動に駆られたり、操られたりと意識を操作します。本人の自尊心の有無とは違った行動に走り易く、そのため異性運は運気が悪くなる傾向がございます。色情霊が執着し彷徨いやすい場所として頻繁に人の出入りの多い宿泊施設などがあります。色情霊は朝昼夜関係なく浮遊し好みのタイプを見つけるため彷徨います。色情霊は人間でいうと愉快や快楽のような性質と思想を持った邪悪の霊です。強欲が特徴で、人に話しかけてきたり、耳元で囁いてきたりなど浮遊している環境に満足しているため諭して離れる霊ではありません。自己改善法としては心身ともに強く聡明で健やかな健康状態とYESとNOの進行に迷いを持たない精神を心がけてください。注意点としてマイナスの考えや負のエネルギーを貰い易いメンタル状態や感情の起伏の激しいまま悩み続けることはお勧めしません。


全ての霊体の特徴として

本来、霊体の魂は成仏しなければなりません。私達が生きるために努力する事と同じくらい重要なことです。過去に何かしらの因縁・因果を持つ霊魂や直接あなたとは関係がない霊魂であっても、執着の強い魂の怨念は生前の業欲がとても根深く、天界へ上ることを拒み、諭されることを嫌い、現世に住む人の体に憑依し、立場(魂と人格)を入れ替え、執念を晴らすことを目的とした「霊体と人格がすり替わる」など除霊案件もございます。
当方では、すべての除霊の後は浄霊を(魂を鎮め浄める)行います。仏道成就への道を諭し霊魂の成仏までを見届けます。

儀式は翠蓮以下複数の僧侶で執り行います。

kanteibanner_02.jpg

六道輪廻と前世の関係

六道輪廻(ろくどうりんね)という言葉があります。生きとし生けるすべての命はこの六道(六種)の道を往来しております。六道とは下から順に「地獄・餓鬼・畜生・修羅・人道・天上」の世界観を示します。この六道は地獄は苦しみが多く天上へ向かうほど楽が多い世界観となります。六道輪廻とは生命の輪廻を現しており基準となるのが生前の行いにより決定すると言われており当然のごとく、悪行の道に染まれば、人は地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道の世界に輪廻し、善行をすればするほど、天上界へ輪廻いたします。これらは生前の行いによって逝く道が決まると言われ「因果応報」の論理に貫かれているのです。人は前世の行為に報いが現れそこからは誰もが逃れられないという宿命をもって現在があります。自らの行為の果報は、必ず自分に現れ、今世でなければ来世、あるいはその後の生に現れます。善因善果・悪因悪果の因果応報です。地獄道の世界は常に苦しみ続ける世界と言われ、鬼が棲み、罪人を責苦、苦のみが存在する世界。餓鬼道の世界は飢えと渇きから絶えず飢餓と欲求不満を抱え続け永遠に満足を得られない世界。畜生道の世界は生存本能のみが働き、食・寝・淫のみの情の世界。これらの世界観から克服するには観音菩薩の救済が必要です。

六道輪廻から救済する六観音の妙力とは

六道輪廻の世界には構成される六道から衆生を救う六種の観世音菩薩がおります。
地獄道からお救い下さる聖観音、餓鬼道からお救い下さる千手観音、畜生道からお救い下さる馬頭観音、修羅道からお救い下さる十一面観音、人道からお救い下さる不空羂索観音、天上には如意輪観音がおり、六道輪廻の世界から衆生を救ってくださるのがこれらの観音菩薩です。天界にて修行することを認められた衆生(霊魂)は宿題・課題・カリキュラムなどを与えられ、達成した魂のみ再び現世に戻ることを許されます。そして天寿を全うするまで現世修行(人生修行)に勤しむのですが、ここで悪に手を染めたり、人を陥れたり、悪事を働くと、来世の逝く道は六道界で苦を与えられます。六道から脱出することを「解脱」といい、解脱した状態を「涅槃の境地」といいます。「極楽浄土」とはこの意味からきていますが、あらゆる悩みに魂を諭しあなたの心を癒す即應翠蓮をご用命ください。

実際に起きた除霊中の症状

実際に起きた除霊中の症状


※当方の除霊により邪気・霊体が体内から解放される様子

即應翠蓮式除霊法

即應翠蓮式除霊法

1342975_0.jpg

古来より伝わる『仏式除霊法』を用い、当方では霊障問題を改善する方法として祈祷秘伝法、方災除秘伝法、線香護摩祈祷法、大般若転読祈祷法を取り入れた「懺悔、先祖供養、守護運向上封印、仏道成就祈祷、災消除霊句、大般若転読祈祷、大悲呪、威嚇、挑発、霊体解放成仏術、観音浄化法、線香護摩祈祷」を用いて霊魂の除霊を当寺にて執り行います。
払子(ほっすという厄苦を祓い、魔を祓う法具)を持ちお鈴(大・小のりん)や木魚、五鈷鈴(ごこれいという鈴)や五鈷杵・錫杖等の法具を使い読経し儀式を始めて行きます。一つ一つに意味の有る儀式・お経・秘術は僧侶として仏道修行で得たものであり、正真正銘の仏式をお受けできます。安心して魂の浄化までお付き合いください。
出張訪問の場合は土地、家屋、人物等のお祓い・除霊・浄霊に必要な法具を持ち現地にお伺いいたします。

尼僧:即應翠蓮


降伏一切大魔最勝成就~一切の大魔を降伏し最も勝る成就へ導く~

降伏一切大魔最勝成就~一切の大魔を降伏し最も勝る成就へ導く~

人物の除霊の他に、土地・家屋・屋敷や住宅・借家問わず霊魂の除霊を承っております。引っ越しをする時は、今住んでいる家や部屋への感謝の気持ちや浄霊、新たに住む家や部屋の過去住人の残留思念を取り除く除霊が健康と幸せに繋がる道と考えます。邪気・霊魂は人の体や心の隙間に入り込む邪悪な霊体です。現実の幸せを脅かされることを避けましょう。土地の除霊では稀に何代にも渡りその場所に執着している霊魂がおります。それぞれに言い分があり元々は霊達の城に勝手に入り込み、荒らし、家を建て、あぐらをかく、現世の住人に怒りをぶつけていることもございます。屋敷や住宅では怪奇現象や心霊現象など霊魂からの威嚇や挑発を繰り返し住民に投げかけ攻撃してくる凶暴の霊体がおります。「類は友を呼ぶ」という言葉があるように「霊魂は霊を呼ぶ」ように、複数の集合体となっている場合もございます。霊魂からの初期のアプローチは霊魂の存在をマーキングした記しとしてラップ音・不快音・電磁波妨害・霊臭などがあります。

生霊の怨念とは

生霊の怨念とは

生霊は死霊とは違い、私利私欲や強慾の強さから我が身を削る思いで想念を飛ばし、飛ばした方も憑りつかれた人も心身不調になってしまいます。「人を呪わば穴二つ」という言葉がありますが、意味として、他人を怨み、その人の不幸を願い害を与えようとすれば、やがて我が身も損害を受けるということです。相手からの「念返し」・「呪詛返し」による被害で想念を飛ばした方がとても苦しむこともあり悪因悪果をもたらします。想念を飛ばしたいほど深く苦しみ、悩み、傷ついている方は一度、対面鑑定でご相談ください。あなたのお悩みに寄り添い解決案とご要望にお応え致します。


霊障・心霊・憑依現象に関するご相談承ります。
お申し込みは写真画像鑑定または対面鑑定にて除霊が必要か否か、霊視鑑定を行い実際の状況、また霊障害か否か鑑定を致します。ご相談者様が一人で出来る「自己改善セルフケア」を伝授いたしますが、専門的な除霊法については個別にご対応いたします。

料金は料金のご案内をご覧ください。

除霊・浄霊の訪問を希望の方
愛知県名古屋市内は交通費無料でお伺い致します。市外・岐阜・三重など県外は別途交通費を頂戴いたします。
全国対応しておりますので事前にお見積りをさせて頂きます。

除霊・浄霊

除霊・浄霊

悪霊・生霊・地縛霊・浮遊霊・憑依霊・先祖霊...etc
具体的な症状
精神的な喜怒哀楽が激しい。どこにいても落ち着かない。
自分の心が不安定。だれもいないのに監視されている感じがする。
自宅の空気が重く感じられ息苦しく感じる。清潔な部屋から生臭い異臭がする。
誰もいないのに人の気配がする。ラップ音が頻繁に鳴る。金縛りに何度も遭う。
対人トラブルが絶えない。金銭トラブルの災難。買い物、ギャンブル依存。
交通事故に巻き込まれたり、交通事故を繰りかえし不運が多く感じる。
頭や肩や背中と首の圧迫、腰回りが不安定な感じ。誰かに支配されているような感じ。
多量の咳き込み、唾を吐く、胸が苦しい、原因不明のケガ、痛み、不治の病に罹った感じ。
顔つき、目つき、骨格のゆがみなど顔全体の形相が変わった。人相が悪くなった感じがする。
いじめ、不登校、DV、酒乱、三角関係など、私生活のトラブルが多くなった。
心霊写真を写してしまった。

お祓い

お祓い

あなたの向上する運命へと魔を祓い福を授けます。詳しくは中のページを御覧ください。

各種祈祷

各種祈祷

個人祈祷・厄除・歳祝(還暦等)・開運招福・身体健全・心願成就・病気平癒・家内安全・先祖感謝・試験合格・学業成就・旅行(渡航)安全・海上安全・大漁豊漁・二輪車四輪車お祓い・子宝・命名・安産・商売繁盛...等

地鎮祭・家祈祷

地鎮祭・家祈祷

土地や建物から離れることの出来ない霊体をご供養し成仏へと導きます。個人に憑依している可能性も御座いますので除霊・浄霊ページも合わせて御覧ください。

水子供養

水子供養

この世に生を授かれなかったお子様を翠蓮が丁寧にご供養させて頂きます。

先祖供養

先祖供養

ご先祖様への感謝の気持ちを持ってご供養させて頂きます。毎月の命日に行う月経も行なっております。

除霊のご相談やご用命は尼僧:即應翠蓮(そくおうすいれん)各種ご祈祷やお祓いも承ります。
仏式に法った除霊法で全国対応致しております。「あなたの悩みを解決へと導く」即應翠蓮(そくおうすいれん)

悟りへの道を照らす観音菩薩~観音経から紐解く~

【衆生被困厄】~人々が困難に遭遇し、

【無量苦逼身】~はかり知れない苦しみのために責め苛まれることがあろうとも

【観音妙智力】~観音菩薩のすぐれた智慧の力は、

【能救世間苦】~人々を世間の苦しみから救済してあますところがないでしょう。

【具足神通力】~観音菩薩は神通力をそなえ

【広修智方便】~広大な智慧を発揮すべき種々の方便を修得して

【十方諸国土】~十方の国土に姿を現し、どんな国土であれ

【無刹不現身】~出現しないところとてないでしょう。

【種種諸悪趣】~観音菩薩は種々さまざまの悪趣におもむき、

【地獄鬼畜生】~地獄・餓鬼・畜生などにまつわる苦しみと、

【生老病死苦】~生老病死の苦しみを

【以漸悉令滅】~神通力と方便によって次々に滅ぼしていくでしょう

【真観清浄観】~観音菩薩には真実の観、清浄の観があり、

【広大智慧感】~広大な智慧の観と、悲(あわれみ)の観および慈(いつくしみ)の観がそなわっています。

【常願常瞻仰】~だからいつでも観音菩薩の出現を願い、そのお姿を仰ぎ見るべきである

即應翠蓮 合掌

魂の源から解消

side_banner02_1.gif

あなたを幸せに導くブログ尼照らす